ITCを活用する

ITを活用して経営改善を図りたいとお考えの企業様へ

このようなお悩みはございませんか?

  • 売上・利益を増やす新たな打ち手を探している
  • 販路開拓、取引先拡大をしたい
  • 顧客の要望にスピーディに対応したい
  • 生産性を高めて働き方改革、社員確保にもつなげたい
  • 人材育成や教育を効率的・効果的に進めたい
  • 生産・業務のムダを省いて改善したい
  • 取引先からデジタル化を求められているが対応できていない
  • 自社に最適なITツールを選びたい
  • ITベンダー(事業者)からの提案が妥当なものか判断がつかない
  • IT化に興味があるが、社内に詳しい人がいない

このような課題がありましたら、「ITコーディネータ」にご相談ください。

ITコーディネータは「経営」と「IT」の両方がわかる専門家です

経営とITの橋渡し

ITコーディネータという名前から「システムを作る人」あるいは「パソコンに詳しい人」?と思われるかもしれません。
ITコーディネータは、「経営者の良き相談相手」「社員の良き相談相手」「業務プロセスの設計者」といった複数の顔を持つ「経済産業省推進資格保有のIT経営コンサルタント」であり、ITを上手に使って経営力を高めるためにお手伝いをする専門家です。

ご相談のきっかけは企業様によって様々ですが、ITコーディネータは、経営視点と現場視点の両方から考え、取り組みを伴走しています。

ITコーディネータへのご相談のきっかけは様々です

ITCへのご相談のきっかけは様々です。

業種業態を問わず、ITで解決できる経営課題は多岐にわたります。経営者のみで判断することが難しいさまざまな問題の洗い出しから、ITを採用・導入した後の運用改善まで伴走します。

具体的には、経営者の考えるビジョンをお伺いし、必要なデータ収集、分析、業務改善の計画立案を行い、理想の業務の状態を見える化します。

次に、「どのようなITツールが候補になるか」「どのようなツールが企業の事情に即したものか」を検討するほか、ITツールを使い始める際に現場でスムーズに使いこなせるよう、「導入計画」から「運用後の改善」まで、多岐に渡るご相談をお受けしています。

DX(デジタル・トランスフォーメーション)とは?

2020年代に入り、「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」というキーワードを耳にする機会が多くなりました。国内で注目されるきっかけは経済産業省の『DXレポート:ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開』、通称「DXレポート」の公開からと言えます。
このレポートでは、「もしDXが進まなければ2025年以降、最大で年間12兆円の経済損失が生じる可能性がある」と警告しています。

重要度・緊急度共に高まりつつあるDXですが、経営者からは「DXには興味があるが、何から手をつければ良いかわからない」「そもそもITを使いこなせない」といった声をよくお聞きします。


DXとは、デジタル技術を使って今までの働き方を効率化することや、新しいビジネスモデル・新しい付加価値をもたらす可能性もある取り組みです。
言い換えると、「単なるIT化」にとどまらない、「デジタルの活用を念頭に置いた経営改善」です。これは、短期ではなく中長期で考え取り組むものです。

例えば5年先のビジョンを描き、経営課題を解決しようとする時、今のデジタル化社会においてはITが手段の一つになることが多々あります。その際に導入するITツール(ソフト、ハード問わず)は、経営課題の解決に役立つものであるべきです。しかしながら、会社の本当の課題解決の役に立つ業務改善・IT導入をしなければ、業務の効率化も経営課題の解決もうまくいきません。


そこでITコーディネータの出番です。国や地域各地の事業の一環で設置されている窓口、あるいは直接ITコーディネータにご相談をいただき、企業に伺い、ITを活用した生産性向上、営業改善などの課題解決に向けた相談をお受けしています。

DX(デジタル・トランスフォーメーション)7つのステップ

DXを進めるポイントは「中長期視点」「全体最適」「コミュニケーション」の3点です。取り組む企業の経営者自身が意識を変え、全社一丸となって進めることがうまくいくポイントです。

ITコーディネータは、経営者が社内の合意形成をとりながら「業務の見直し」と「IT導入」を進められるよう、内外の様々な関係者(管理者、現場担当者、外部ITベンダー、外部取引先など)との調整を担うこともあります。

ITコーディネータにご相談ください

ITツールは様々なものがありますが、それをどのように選び、どのように現場の業務改善をおこなっていくのか、ひいてはそれを使ってどのように経営における目標を達成していくのか。最も重要なのはこの部分ですが、ITコーディネータはその取り組みを伴走し、取り組みがうまくいくようサポートします。

「まずは話を聞いてもらいたい」「詳しい話を聴いてみたい」とお考えの方はお気軽にお問合せフォームよりご連絡ください。

ITコーディネータを今すぐお探しになりたい方は、下記ページをご覧ください。

*外部のウェブサイトに移動します。
(ITコーディネータ協会)